授業づくり研究部会
 
■ テーマ

誰もが安心して考えることができる道徳科の授業
―  実態に応じた個別最適な支援を通して ―

 
■ 研究内容

昨年度より「個別最適な学び」と「協働的な学び」を一体的に充実することが中央教育審議会から示されました。本部会でも「道徳科における個別最適な学びと協働的な学び」をテーマとして研究・実践を進めてきました。その中で、本来学びの補助となる指導方法や新たな授業展開が、一部の子どもの困り感につながることもあるという課題が見つかりました。

 そこで本年度、授業づくり部会では「誰もが安心して考えることがで
きる」道徳科の授業を目指して、子どもたち一人一人の実態を把握した上で、その実態に合った支援を授業に取り入れた研究を進めていくことにしました。


 <「誰もが安心して考えることができる」とは>

 道徳科の授業は、誰もが困り感を感じることなく、のびのびと自分の考えを表現し、議論できる場であってほしいと考えます。しかし実際は、教材の文章の意味がよく分からないため考えることを諦めてしまう、自分の考えをうまく伝えられないから発言しないなど、様々な困り感を抱えることにより、安心して授業に参加していない子どもがいます。

 誰もが安心して、考え議論することができる道徳科の授業にするには、どのよう
な手立てや活動を取り入れるとよいのでしょうか。

 本研究部会では、道徳科の授業にお
ける様々な活動について実態把握を行い、その実態に基づいた個別の支援を取り入れることで、「誰もが安心して考えることができる授業」をつくっていきたいと考えました。



■ 研究計画・日程

開始時刻

会場

活 動 内 容

5 10

18:30

教育館

<総会>年間テーマ説明、分科会など

5 17

18:30

教育館

児童の困り感をみんなで共有しよう

6 7

18:30

教育館

児童の困り感とそれに対する支援を考えよう

6

18:30

教育館

模擬授業

9 6

18:30

教育館

困り感に応じた支援を取り入れた授業案を考えよう
9 21

18:30

教育館

実践内容をグループで検討しよう

11 2

18:30

教育館

成果と課題を生かした支援を考えよう

12 15

18:30

教育館

部会内実践発表をしよう

1 11

18:30

教育館

研究発表会の準備
1

14:45

未定

研究発表会

2 15

18:30

教育館

来年度の実践に向けて、話し合おう



 
 

Copyright (C) 2012 MEIDOUKEN. All Rights Reserved.