テーマ

子どもたちの心に残る道徳の授業

−地域教材を生かした授業づくり−




 研究内容
 これまで本部会では、子どもたちの心に残る道徳の授業を目指して研究を行ってきました。部会での研究を基に実践を行った部員の先生からはこんな声が聞こえてきました。「授業が終わっても、資料の内容や授業の感想を話し合っている児童がいました。」「家庭でも道徳の授業の内容について話し合った声を保護者からいただきました。」これらの声から、部員の先生の実践が子どもたちの心に残ったことが伝わります。
  今年度、小学校において「特別の教科 道徳」(以下「道徳科」)が実施され、中学校では31年度からの教科化にむけての準備を進めていくこととなります。教科化の要点である、「量的確保」「質的転換」を目指して、授業を行わなければなりません。また、新学習指導要領解説 道徳編では、「道徳教育の特性に鑑みれば、各地域に根ざした地域教材など、多様な教材を併せて活用することが重要となる。」としています。
  以上のことから本部会では、偉人の業績や昔話、自然・文化などの郷土豊かな教材を取り扱っている、「明るい心」「明るい人生」の効果的な活用方法について研究を進めます。そして、児童が教材を身近に感じ、親しみながら、道徳的価値についての考えを深められるような授業づくりを目指していきたいと考えています。



研究計画・日程

開始時刻

会場

活 動 内 容

18:30

教育館

<総会>年間テーマ説明・分科会など

18

18:30

教育館

「明るい心」「明るい人生」を用いた資料分析の極意

15

18:30

教育館

地域教材を扱う授業の工夫を考えよう

資料「七十八円の命」(明るい人生)を使って

18:30

教育館

教科化対応部会の模擬授業から学ぼう

27

18:30

笹島小

研究授業の検討会 新しい道徳の授業について語る

18:30

教育館

「先人の業績・昔話」の分野の授業づくりをしよう

資料「わんがし池」(明るい人生)など

25

18:30

教育館

「伝統と文化」の分野の授業づくりをしよう

資料「花火にかける思い」(明るい心)など

11

18:30

教育館

「自然」の分野の授業づくりをしよう

資料「ホタルの舞う里」(明るい心)など

12

18

18:30

教育館

模擬授業から学ぼう

18:30

教育館

研究発表会の準備

15

18:30

教育館

研究発表会の準備

22

18:30

教育館

<研究発表会>

18

18:30

教育館

明るい人生を用いた模擬授業から学ぼう




 
 

Copyright (C) 2012 MEIDOUKEN. All Rights Reserved.